実りの時

2010.10.20

小学2年生 総合科「お米の学習」

農学部の田んぼを借りて、春の種まきからお米を育ててきた2年生。早くも収穫の時を迎えました。

子どもたちが作ったカカシもしっかりとその役目を果たし、田んぼには、たわわに実った稲が一面に広がっています。農学部の先生や大学生にイネの刈り方を教わると、さっそく鎌を手に収穫。ぬかるむ地面に必死で立ち、泥だらけになりながらイネをつかんで、少しずつ刈り取っていきます。種まき、田植え、草取りと、いくつもの手間をかけて育てたお米。秋の訪れとともに、収穫の喜びを手にしました。