1年生から始める国際的な教育 BLES(ブレス)

文部科学省「教育課程特例校」

玉川学園の新しい国際的な学習

玉川学園では、2016年4月よりBLES(ブレス)クラスを小学1年生から順にスタートします。BLESとは“Bilingual Elementary School”の略称です。日本語と英語のバイリンガル教育を通じて、国際社会で求められる人材を育てます。BLESは、玉川学園で導入している国際バカロレア(IB)クラスへつながる国際的な教育であり、国際化する大学進学への起点になります。

国際社会で必要な学力と資質を育成

BLESの使命は、国際社会において責任ある行動をとることができる人材の基礎を育てることです。そのために幼稚園・小学校段階でバイリンガル教育を実施し、日本語と英語の両方を身に付けるとともに、国際社会で必要な学力と資質を育てることを目標とします。

日本語と英語でのLanguage Arts(言語技術)の育成

Language artsとは、国語だけでなく、すべての教科学習の土台となる言語技術のことで、思考と表現のスキルを意味します。

目標とする英語の習得レベル

BLESの課程(5年生まで)を修了した児童は、文部科学省の定める学習指導要領の各教科の目標を達成します。英語の力はCEFR※1のB1程度(英検2級、TOEFL iBT®57~86相当)を身に付けることを目標とします。これは6年生から始まる国際バカロレア(IB)クラス※2のMYPをスタートするための十分な準備教育となります。

  • 1CEFR(Common European Framework of Reference for Languagesの略称)とは、語学のコミュニケーション能力別のレベルを示す国際標準規格
  • 2現在、MYPは7年生から実施。2021年度から6年生でのMYPを開始する予定

日本語での教育も充実

英語の授業は英語のみ、国語と社会は日本語、それ以外の科目はバイリンガルで指導します。日本人はその第一言語である日本語を確実に身に付ける必要があるという考えのもと、その上で英語を同時に身に付けていくのがBLESです。英語のみの環境で英語漬けにするイマージョン教育とは違い、日本語と英語の両方の言語技術(Language Arts)を身に付けさせるために、授業時間数を確保します。
また、論理性を養うための算数も充実しています。

学習指導要領に準拠した独自のカリキュラム

BLESのバイリンガル教育は、文部科学省の学習指導要領に則った上、英語で行う授業は約7割程度になります。ただし、普段英語で指導している理科や情報等に関して、日本語での学習内容を補習するための時間を設けていますので安心です。
また、7~8限の授業が設定されますが、ブレイクタイムをおきながら、児童が負担なく学習したり生活したりできるように配慮します。

BLESから国際バカロレア(IB)クラスへ、そして世界へ

国際社会が進む今、人の流動性は加速し、大学は世界に開かれ、国際化しています。そして日本の高校生の進路も日本国内の大学だけでなく、海外の大学へ進学するという選択肢が加わりました。BLESからIBのMYP(Middle Years Programme)、DP(Diploma Programme)までの学習を修めますと、国内外の大学進学の選択肢が大きく広がります。すなわち、BLESは国際化する世界の大学への進学の起点となるプログラムです。

世界の大学へのパスポート「国際バカロレア(IB)クラス」

International Baccalaureate=国際バカロレアとは、スイスに本部を置く国際バカロレア機構(I B O)が提供する教育プログラムです。3 歳~ 1 2 歳を対象としたP Y P (Primary Years Programme)、11歳~16歳を対象としたMYP(Middle Years Programme)、高等学校の最終2学年を対象としたDP(Diploma Programme)があります。創立以来教育理念の一つにグローバル人材の育成を掲げてきた玉川学園は、2007年4月よりIBの教育プログラムを取り入れました。ディプロマの資格を授与されると、日本を含む世界トップクラスの大学の入学資格として認められます。

BLESクラスのQ&Aはこちら

関連リンク