学びの技(1年生)

2017.10.25

玉川学園(K−12)では、課題に対して論理的に考えられるように、様々な思考の方法を身につけるための探究学習を実践しています。低学年では、比較して考えたり、分類して考えたり、多面的に見ながら考えたりする上で、いろいろな思考ツールを用いた、特設「学びの技」という学習を展開しています。1年生は、この時期になると、総合科の授業で秋の野山(学園内)を散策する丘めぐりをします。今回は、「学びの技」で学んだ、比較する時に便利な思考ツール「ベン図」を使って、丘めぐりで拾ってきた、マテバシイとスダジイのどんぐりの比較をしました。子どもたちの、虫眼鏡で観察しながら同じ所、違う所を発見し、それをベン図に記し、さらに、気づいたことをわかりやすく発表する姿が見られました。