郵便局見学

2014.01.27

2年生総合科

総合科の「人とモノを運ぶ仕事」という学習の中で、「ポストに出した手紙は、郵便局の皆さんがどんな仕事をして、相手の家に届けるのだろう。」という疑問が浮かびました。その疑問を解決するために、町田郵便局へ見学に出かけました。
預かった手紙に消印を押す「自動押印機」や、手紙を配達する地域ごとに振り分ける「書状区分機」が正しく素早く仕事をしていること、ポストの仕組みや配達の工夫などを学びました。
たくさんの手紙を配達する人は最短距離で配ることができるように、順番を考えて並べ配達に出かけているというお話を聞き、子ども達は「大きな機械を使って早く仕事をして、最後は配達する人の目で確かめることにより、早く正確に手紙が届けられている」ということを知りました。