切り絵アーチストによる特別授業

2014.03.04

 3月4日、切り絵アーティストの長屋明さんが、特別授業をしてくださいました。
はじめに、長屋さんの作品を見せていただきました。どれも繊細な作品ばかりで「本当に切り絵なの?」と一様に驚いていました。さらに、実際に切る様子を見せていただきました。長屋さんは文房具屋さんで売っている普通のカッターを使って、付箋用紙を手際よく切っていきます。わずか1分でチューリップの完成です。
 次はいよいよ自分たちの作品を作りました。テーマは「夢」。線画のような切り絵を得意とする長屋さんの作風に刺激を受けたのか、難しい切り絵に挑戦する子がたくさんいました。気が付いたら、あっという間に下校時刻になってしまいました。集中してただひたすら作品を作り続けていた子供たちの姿が、とても印象に残りました。