安心・安全

2014.05.13

 1年生には、毎年、警備保障会社の協力を得て「安心教室」を開いています。
擬似体験を通して、「いかのおすし」(「いかない」「のらない」「おおごえをだす」「すぐににげる」「しらせる」)の防犯上の心構えを学習しました。子ども達もどうして「いかのおすし」を守らないといけないのかを考えながら真剣にお話を聞くことができました。
 さらに、普段から落ち着いた通学ができるように、また、緊急時の登下校の安全を図るために、1〜4年生までの全児童が地域毎の下校班に分かれ、安全とマナーの向上を目指した学習の機会を持ちました。