着衣水泳

2015.07.02

 玉川学園の水泳の授業では、毎年安全教育の一貫として着衣泳を行っています。水泳の授業は必ず水着で参加をしますが、水難事故の際、必ずしも動きやすい水着でいるとは限りません。着衣の状態で水に落ちた場合、動き辛く、水着の時とは比べ物にならないほど体力を消耗します。普段なら泳げる距離も、着衣の状態では泳ぐ事は難しいのです。水難事故にあった時、自分の命を守る為に何をすればいいのか、どんなことに気をつければいいのかを実際に体験して学ぶことがこの授業の一番の目的です。