ブラジル松柏学園・大志万学院 第二十一回訪日使節団が来園しました

2017.01.31

1月15日から1月17日にかけて、ブラジルの「松柏学園・大志万学院 第二十一回訪日使節団」が、玉川学園を訪問しました。
使節団のメンバーは、全員日系ブラジル人で、日本語・日本文化をブラジル(サンパウロ)で学んでいる14歳から17歳までの生徒27名と、引率の先生方2名で構成されています。
彼らは約50日間にわたり、彼らの先祖の故郷である日本各地を訪れ、日本人との交流や日本文化学習を行います。

来園期間中は、同校と玉川学園の生徒同士で一緒にお昼ご飯を食べたり、国語や英語の授業を受けたり、また本学の音楽イベントにも参加したりと、お互いに充実した交流の時間を過ごすことができました。
使節団の皆さんにとっては、日本がより身近に、玉川学園の生徒にとっては、ブラジルや世界がより身近になったようです。