プラネタリウム

2016.07.05

七夕が近くなりました。今日は、玉川学園スターレックドームでプラネタリウムを鑑賞しました。2006年からこのドームのプラネタリウムは活躍していますが、昨年最新鋭デジタル式映像投影システムが導入され、一段と“本物の夜空”に近い映像が見られます。「今日の夜、きっと見つけられる星は、木星、火星、土星です。」という解説から始まり、最後には七夕のお話も聞きました。幼稚部園庭の真ん中から夜空を見上げたときの映像もあって、子どもたちはあっという間に宇宙空間に滞在している気持ちになったと思います。保護者も同じプログラムを鑑賞しましたので、今夜は親子で星の話ができることでしょう。