備えあれば

2011.05.17

父母会企画

父母会の企画係の呼びかけで、玉川学園の備蓄倉庫を見学しました。

東日本大震災の日に800名近い帰宅できない生徒・学生・教職員が「備蓄」を使いました。

万が一に備えて、6万食(1万人の2食×3日分)、飲料水を始め水の備え、電気の備え、毛布の備え、トイレの備え、医療関係、防火等の備えなどについて、総務部担当者から話を聞きました。