春のファミリーデー

2011.04.28

桜が終わって、新緑の季節になりました。今週は、それぞれの学年で玉川学園構内をフィールドにして、親子で自然に親しむ「丘めぐり」を行いました。

年少は、幼稚部の裏にある経塚山で八重桜の花びらやクヌギの花、紅葉の花、いろいろな若葉を探しました。拾ったものを素材にして、万華鏡を作りました。

年中は、この季節の植物を見つけながらの散策です。16種類を探しながら、2時間くらい歩きつづいても、全部回りきれません。「この花、なんだっけ」とか「やえむぐらはくっつくよ」などという会話が、通園途中で聞かれることでしょう。

年長はネイチャーゲームを楽しみました。フィールドビンゴをしたり、木の鼓動を聞いたり、草むらに隠れているものを見つけたりしました。よく見たり、耳を澄ませたりすると、といろいろな発見があることがよくわかりました。