おもちつき

2016.01.14

3学期が始まりました。最初のイベントはお餅つきです。この日は、親子でお餅つきです。前日に、お母様方が用意して下さった各クラス4Kgの餅米を蒸かします。朝早くから、農学部の先生方と学生さんが応援にきてくれました。蒸かした餅米が臼に入ります。最初に、少し粘りけが出るくらいに杵でこねていきます。これが大変な作業。そして、いよいよ親子でつき始めます。高校に留学中(ブラジル、ボツワナ、デンマーク、オーストラリア、台灣)の生徒も餅つきに参加しました。つき終わると、農学部の食品加工・衛生管理に関わる生産加工室の学生さんが、大きなお餅を食べやすい大きさに切り分けてくれます。今日は4臼つきました。お父様方の応援もありました。定番の醤油味、きなこ味以外は、それぞれの家庭が用意します。つきたてのお餅は、とってもおいしいですね。