3月14・15日 7年生TAP

2016.03.16

7年生が一年間を通して行ってきたTAPの活動も、いよいよ最終回です。
天候に恵まれたクラスは、ハイエレメントと呼ばれる、高所に設けられたコースに挑戦しました。写真で見るとあまり高さを感じないのですが、普段は「高いところは得意」という生徒でも、実際に上がってみると「緊張して足ががくがくした!!」と言うほどの高さのあるコースです。

生徒はみな命綱を付けていますが、その命綱は仲間に預けています。また、コースによっては、ロープの上でバディと協力しなければチャレンジを成功させることができません。自分ひとりが良ければ良い、というものではなく、仲間に自分の身を預ける勇気と、預けても大丈夫という信頼関係がなければ達成できないのです。

今回の挑戦は、どの生徒にとっても、自己の成長を感じるとともに、一年間ともに過ごしたクラスの仲間との信頼関係を再確認する機会になったのではないでしょうか。