夏期特別講座TAP

2017.08.04

7月25日、26日に、夏期特別講座「TAP」を行いました。
5年生から8年生までの参加希望者で取り組みました。
TAPにはチームビルディングを目的とした様々なプログラムがあります。
教室でできるレクリエーションから、特別な施設で行うハイチャレンジと呼ばれるものまであり、中学年では、クラスで、学年で、海外研修の参加グループ等で、一年間を通してTAPを取り入れています。

夏期特別講座では、普段教室ではでない内容を、集中して行いました。
ターザンロープを使って、小さな足場にチーム全員で乗り切るにはどうしたらいいのか、5年生も意見を出し合って、ミッションにチャレンジしました。
ハイチャレンジでは、5メートル以上の高さにあるロープや丸太の上を歩きます。
チャレンジしているのは登っている人だけかと思いがちですが、命綱を持つ仲間、それを支える仲間、はじごを渡す仲間…チームでのチャレンジです。
「あと少し!」「前に体重かけて!」「下みない!!」声をかけます。
どのプログラムも、終えた後には必ず振り返りをします。
「足が震えて、頭が真っ白になった。下で声をかけてもらって、正気に戻った」
「絶対できないと思ったけど、できた!うれしい!」
前向きな言葉がたくさん出てきました。