ラウンド・スクエア国際会議参加

2012.10.05

国際的な私立学校連盟「ラウンド・スクエア」の日本における唯一の正式メンバー校である玉川学園。

毎年参加校の代表生徒を集めた国際会議が開かれていますが、今年は南アフリカ共和国のPenryn Collegeが主催校でした。

中学部と高等部の代表生徒の6名が、9月26日より南アフリカ共和国北東部に位置するNelspruit(ネルスプロイト)に滞在し10月1日までの6日間の会議期間中、ラウンド・スクエアの基本理念であるI.D.E.A.L.S.(Internationalism, Democracy, Environment, Adventure, Leadership, Service)に基づいた様々な活動を行いました。

生徒達は、主催校のセレモニー参加や、各国の代表生徒たちとのディスカッション、世界を舞台に活躍する方々の特別なレクチャーを受けるなど、短いながらも充実した時を過ごしました。

中でもディスカッションでは、自分の考えを英語で伝える難しさや、互いの文化を理解する楽しさを体験することができました。

この経験を活かし、さらなる飛躍を期待したいところです。