新しい仲間を迎えました

2012.04.06

入学式

4月3日の大学入学式に始まり、幼稚部から大学・大学院まで、今年も玉川のキャンパスに新しい仲間を迎えました。

大学「入学式」では、学長より「大学にある多くのチャンスを生かして、学問、倫理、美的価値、宗教、健康と安全を極めてほしい」とこれから輝く学生に向けて訓辞がありました。

幼稚部「入園式」では、小学4年生からのお祝いのことばと年中・年長児による歌のプレゼント。最後に学園長が一人ひとりと握手をして新入園児を歓迎しました。在校生が司会や受付などをしてつくりあげた小学1年生の「入学式」では、新入生から「今日から玉川っ子です。きれいな心、よい頭、つよい体を目指してかんばります」と力強い誓いのことばがありました。そして7年生(中学1年生)と10年生(高校1年生)を迎える「新入生の集い」では、玉川学園オーケストラと玉川学園合唱団による素晴らしい音楽と歌で式典が彩られました。

キャンパス内にある桜の花も新しい仲間を歓迎するかのように咲き始めました。 一人ひとりが夢の実現に向かって進み、桜と同じように大きな花を咲かせてくれることを心から願っています。