自分自身を省みる

2011.10.21

礼拝の時間

中学年では週に1度「礼拝」の時間があります。礼拝委員の生徒たちの進行で、賛美歌の斉唱、聖書朗読が行われ、この日壇上で説教を行ったのは体育科の教員でした。先週無事に終了した体育祭で、一人ひとりが何を感じ、何を得たかを振り返る時間となりました。このように玉川学園の礼拝の時間は、キリスト教式のスタイルをとっていますが、お説教をするのは必ずしもキリスト教の牧師さんとは限りません。宗教を通して、静かに自分と向き合い、省みること、周りの事柄に感謝する気持ちを養っています。