自由研究「考古学」火おこし No.2

2015.06.26

今日の自由研究では、前回作成した「まいぎり式」と「ひもぎり式」の火起こし器を使って、実際に火を起こせるか試してみました。
まず、火起こし器で火種を作ります。
次に、できた火種を、ほぐしておいた麻紐にそっと置いて息を吹きかけます。
それから、その麻紐をぐるぐる回します。握りつぶさないように、消えないように。でもある程度の速度が必要です。
すると……発火!!

風が強かったので、繊細な火種を消さないようにするのが大変でしたが、経験者の7・8年生に教えてもらって、最後のころには初心者の人も火を起こすことができました。