自由研究「考古学」

2015.07.15

今日の自由研究の時間は、玉川大学教育博物館にて、縄文土器や石器を見学しました。これらの遺物は、玉川の丘から出土したもので、考古学を学んでいた先輩方が発掘したのだそうです。

縄文時代の人々が、私たちが毎日通っているところで生活をしていたことや、玉川の先輩方が発掘作業をして見つけたということにも驚きますが、縄文土器が校舎から3分ほどのところにいつでも展示してあるという環境は、なかなかないと思います。玉川っ子は改めて恵まれているなぁと感じました。

次回はいよいよ前期最後の自由研究です。個人の研究テーマを決めて、後期からはそれぞれの研究を深めていきます。学園展で、皆さまにどのような作品を見ていただけるか、楽しみです。