玉川学園(9-12年生)ラグビー部員の2名が、「第9回U18合同チーム東西対抗戦」のメンバーに選出されました。

2016.11.01

1月に行われる全日本高校ラグビーの前哨戦である「第9回U18合同チーム東西対抗戦」の東軍メンバーに玉川学園ラグビー部の12年生のハンセン海さんと11年生の鈴田幸暉さんが選ばれました。
この大会は、高校ラグビーの活性化の一環として、規定上全国大会に出場できないチームの中から選ばれた選手が東西に分かれて全国大会決勝戦の前座試合として行うものです。
玉川学園の選手が選ばれるのは今回で3回目です。

ハンセン海さんは試合への意気込みを「兄がこの試合で活躍して、高校日本代表候補になったので、自分も高校生最後の試合を全力でプレーして、兄に近づきたいです」と語ってくれました。
鈴田幸暉さんは「玉川学園では低学年からラグビーをプレーしてきました。その成果を全国に向けてアピールしてきたいです。玉川でラグビーをプレーしている全員の代表として恥ずかしくないプレーをします。」と話してくれました。

「第9回U18合同チーム東西対抗戦」は、2017年1月7日(土)に花園ラグビー場にて行われます。
二人の活躍にぜひご注目ください。応援をよろしくお願いいたします。

ハンセン海さん
鈴田幸暉さん