玉川学園吹奏楽部(5-9年生)が第65回全日本吹奏楽コンクールにて銀賞を受賞!

2017.11.02

玉川学園吹奏楽部(5-9年生)は、10月21日(土)、名古屋国際会議場で開催された「第65回全日本吹奏楽コンクール 中学校の部」に出場し、見事「銀賞」を受賞しました。2年連続14回目の出場となった今回は、課題曲で西山知宏作曲の「マーチ『春風の通り道』」と、自由曲は、フェラン作曲の「交響曲第2番『キリストの受難』」を演奏しました。

部長の佐藤安純さん(9年生)は「全国大会という大舞台で緊張もありましたが、みんなで支え合って一つの目標に向かって協力できました。」といままでの活動をふりかえってくれました。また、指揮者で同部顧問の土屋和彦教諭は「5年生もメンバー入りし、若いチームではありましたが、素晴らしい演奏ができたと思います。全国大会でのびやかな玉川サウンドを響かせることができ、とても充実感がありました。」と大会での演奏を振り返ります。

全国の代表を前に日頃の練習の成果をいかんなく発揮した吹奏楽部のメンバーたち。全国大会を終えたばかりではありますが、次年度に向けた練習がまた始まります。
今後の活躍をご期待ください。

※写真 株式会社エイコーフィルム プロダクション提供