高等部生が「第4回 科学の甲子園 東京大会」に初出場!

2014.11.21

11月16日(日)、「第4回科学の甲子園東京大会」が都立科学技術高等学校にて行われ、高等部生6名が初めて出場しました。「科学の甲子園」は、独立行政法人科学技術振興機構が創設した大会で、科学好きな高等生が集い、各都道府県の代表校がその実力を競い合います。全国大会は平成27年3月に実施されますが、今回出場したのは、東京都の代表校を決定する大会で、47校が出場しました。

競技内容は、筆記試験と実技試験の2種類があり、そのトータルの得点で順位が決まります。筆記試験は、物理・化学・生物・地学・数学・情報・複合問題から12問出題され、チームで相談しながら制限時間120分内に回答を導き出します。一方、実技試験の内容は、制限時間60分以内にホバークラフトを作製した後8mのコースを走らせ、そのタイムを競うものです。玉川学園チームは7.03秒を打ち出し、見事、第3位に入りました。
指導を担当している高等部の森研堂教諭は、「強豪校がたくさん出場している中、初出場ながら生徒たちは私が考えている以上の成果を出してくれました。大健闘です。」と生徒たちの努力を称えていました。

     <実技試験の様子>     <作製したホバークラフト>

最終結果は現在集計中で、12月19日(金)に表彰式で発表されます。どうぞご期待ください。

出場者
11年生(高校2年生)榊原 祐麿さん
11年生(高校2年生)須藤 香月さん
11年生(高校2年生)平山 雅也さん
10年生(高校1年生)川口 幸太郎さん
10年生(高校1年生)濃沼 紀佳さん
10年生(高校1年生)竹内 映梨子さん