通信教育のメリット

効率よく卒業と同時に教員免許状・資格取得が可能

教育系ではない学部で、教員免許状や資格を取得するには、通常、卒業に必要な科目の他に教員免許状・資格に必要な科目単位を修得しなければなりません。本学通信教育課程は教育学部教育学科であるため、卒業に必要な科目の中に教員免許状や資格に必要な科目が含まれています。そのため、効率よく卒業と同時に教員免許状や資格が取得できます。

“教員免許状や資格のみ”の取得が可能

学歴に応じて、教員免許状や資格のみ取得を目指す編入学コースも設定しています。
大学や短期大学卒業者で、目的とする教員免許状や資格に必要な基礎資格(学歴)を有していれば、本学を卒業することなく、1~2年で、教員免許状や資格の取得が可能です。

  • 正科生の開講コースは、1種免許状の取得を目的としていますが、取得の過程で所定の科目単位を修得すれば、2種免許状の取得が可能です。

働きながら教員免許状・資格が取得可能

玉川大学通信教育課程で卒業資格〔学士(教育学)〕の取得、教員免許状取得、資格取得を目指している方の約71%は働きながら学修しています。
教育現場にいる教員の方も2種免許状を上級免許状の1種にするために学んだり、中学校、高等学校の別教科の免許状を取得するために学んだり、所有している免許状に隣接する学校種の2種免許状を取得するために学んでいます。
大学の通信教育課程は仕事と両立させながら学ぶことができる正規の大学教育課程です。玉川大学通信教育課程では実に25万名の学生たちが学んできました。
「いつでも、どこでも、だれでも学ぶことができる」通信教育で、自分の夢を実現する一歩を踏み出してください。

大学院への道も開かれています

より高度な教育・研究を望む方には、大学院進学への道も開かれています。
玉川大学では教育学専攻(修士課程)と教職専攻(専門職学位課程)の2専攻からなる教育学研究科を設置しております。

教育学研究科教育学専攻(修士課程)

教育の額的理論を確立するための研究に力点を置き、教育学的理論と教育実践の合一をめざして、教育研究のスペシャリストを養成します。また、教育の根幹は幼児期、児童期にあると考え、その重要性を認識し、より高度な専門知識を有した専門家を養成するべく、研究内容のさらなる充実を図っています。

教育学研究科教職専攻 専門職学位課程(教職大学院)

教育学専攻(修士課程)や教育学部での実績を基に、高度の専門的な能力と優れた資質を有する小学校教員の養成を行うことをめざします。また、そのための教育・研究を通して地域社会に貢献することを理念とします。個々の経験や経歴に応じた多彩な学びを用意しています。

  • いずれの専攻も通信教育の大学院ではありません。授業は通学方式になります。

関連リンク