仲間と学ぶ

通信教育はレポートを書いて提出することのくりかえしが続く孤独な学びだというイメージが強いかもしれません。 しかし玉川には一人で机に向かうばかりではなく、共に学び合える仲間と環境があります 親睦会、全国交流会、通大祭など学生主体のイベントを通して横のつながりがつくりやすいため、「ひとりじゃない」という心強さを感じられることでしょう。

学生会活動

「学生会」は通信教育課程に在学する学生で組織され、全国に8ブロック35支部を設置。学友間の円滑なコミュニケーションと相互啓発・親睦を図るため、定期的に学習会や親睦会を開くなど活発に活動しています。 夏期スクーリングでは、「学生会」を中心に数々の行事、課外活動を展開。こうした活動を通して、自主性・協調性・指導力を身につけ、人間的な成長を図ります。

通大祭

夏期スクーリング時に開催される「通大祭」。運動競技やダンス、バザー(お国自慢市)など、各ブロックごとに用意した地域色あふれる演目の数々が用意され、全国から学生が集う通信教育ならではの盛り上がりをみせます。もちろん勉強が大切なスクーリングの時期ですが、仲間との交流や頭と身体のリフレッシュをかねて、毎年多くの学生が参加しています。

課外活動

課外活動は、それぞれの興味や関心ごとに活動しています。夏期スクーリングの放課後を中心に活動しています。どの課外活動も気軽に参加できる雰囲気ですし、顧問の先生から学べるのも魅力です。運営に関わり積極的に参加してみるのも面白いでしょう。

講師派遣学習会

全国の学生会支部で行われる「学習会」に講師を派遣して学習指導を行うとともに、各種活動のバックアップと学生相互の親睦の支援にも努めています。自分が所属するブロックや支部以外で行われる学習会であっても、機会があれば自由に参加可能です。

STUDENT VOICE

人の輪が広がり、自分の成長にもつながる
学生会
溝井 愛美さん(神奈川県在住)

通信教育で学んでいくには友だちの存在が大きな力になります。そのネットワークを広げることができるのが学生会です。私は、今年度は会計を担当、夏期スクーリング中の通大祭、全国交流会やスポーツDayなどの企画・運営に携わっています。楽しいイベントにするためには、参加者の目線になって考えることが必要で、広い視野で人や物を見ることの大切さを学びました。
玉川大学の学生会は他大学に比べ活発な活動を行っています。積極的に参加することで人の輪がより大きくなります。各支部でも月1回の学習会や親睦会などを開いていますので、ぜひ参加してみてください。

関連リンク