環境への取組み

玉川学園の教育理念と環境教育

玉川学園は教育理想を実現するために、12の教育信条である「全人教育、個性尊重、自学自律、能率高き教育、学的根拠に立てる教育、自然の尊重、師弟間の温情、労作教育、反対の合一、第二里行者と人生の開拓者、24時間の教育、国際教育」を掲げ、未来に向けての教育活動を展開しています。

「自然の尊重」

雄大な自然は、それ自体が偉大な教育をしてくれる。また、この貴重な自然環境を私たちが守ることを教えてくれることも、また大切な教育である。

「自然の尊重」を教育信条の一つとして掲げている玉川学園では、創立当初から環境教育を実践しており、現在でも環境保全活動と併せて全学園をあげて取り組んでいます。

環境教育は、玉川学園の豊かな自然環境を通じて子どもたちが四季を体感することから、太陽光や風力など自然エネルギーについての理解を深めるプロジェクト、独自の講座や資格制度による啓発活動など、多岐に亘る積極的な活動が展開されています。

玉川学園 環境教育の到達目標

  • 1.
    自然環境に触れ、研究等の体験を通して環境の大切さに気づき、考えることのできる人材
  • 2.
    環境を大切にすることができる人材
  • 3.
    環境に対する価値観を、家族、仲間、社会に伝達できる人材

関連リンク