幼稚部の入園式が行われ、今年も元気いっぱいの玉川っ子が誕生しました。

2017.04.14



4月5日(水)、幼稚部の入園式が行われました。今年度は完成したばかりのUniversity Concert Hall 2016の大ホール『MARBLE』を会場に、多くの保護者の方を招いての開催となりました。

4年生のお姉さんの司会により、式は始まりました。最初に行われたのは新入園児紹介です。園児たちは名前を呼ばれるたびに、保護者の方と一緒に広いステージへと上がり、大きな声で「ハイ!」と返事をしました。中には照れてしまって返事ができない園児や、逆に勢い余って名前を呼ばれる前に返事をしてしまう園児もいます。そんな一人ひとりの園児に、会場からは温かな拍手が送られました。全員の紹介が終わったところで、小原芳明学園長からお話がありました。「玉川学園幼稚部に入園する皆さん、入園おめでとう。これからたくさんのお友だちと一緒の楽しい毎日が始まります。玉川っ子同士、仲良くしましょうね。皆さんは、これからたくさんの歌を歌い、たくさんのお話を聞きますので、楽しみにしていてください。英語も習います、運動もします。グラウンドでは元気いっぱいに走り、プールでは元気よく泳いでください。そしてお父様、お母様方、今日から始まるのは、子供たちの教育だけではありません。親の教育責任も大きくなります。子供たちは新しい毎日を楽しみしています。子供たちの背中をやさしくさすって、喜怒哀楽を共にしてほしいと思います。さて、今日から皆さん玉川っ子です。きれいな心・よい頭・つよい体の玉川っ子になることを約束してください。今日は入園おめでとう」。

小原学園長のお話の後には、3年生による歌の贈り物「いつだって」の合唱がありました。この歌は3年生が昨年音楽祭でも披露した曲です。歌に始まり歌に終わる、そんな玉川学園を象徴するような贈り物でした。そして教職員の紹介があり、参列した全員で校歌を斉唱して、この日の入園式は終了しました。

新たに玉川学園の一員となった新園児たちにとって、この日のことは「大きな舞台に上がった日」としての印象しか、今はないかもしれません。けれども大きくなったときには、「たくさんの楽しい思い出を育んだ幼稚部での日々は、あの日から始まった」と思い返す日が来るのではないでしょうか。これから、玉川の丘での学園生活が始まります。玉川っ子として、元気に毎日を過ごしてください。