金星日面通過の観測会を開催

2012.06.06

2012年6月6日(水)9~14時の間で「金星日面通過(金星の太陽面の通過)の観測会」を行いました。雨があがった後、雲の切れ間から、非常に珍しいこの現象を観測することができました。太陽観察用サングラスでの観測は難しい天候でしたが、学術研究所天体観測施設の望遠鏡を用いてこちらの写真のように確認できました。
次回は105年後の2117年12月11日。きっとここ玉川学園のキャンパスでも未来の玉川っ子たちが観測していることでしょう。