長期履修学生制度

長期履修学生制度とは、職業を有している等の事情により、各自の都合に応じて修業年限を超えて履修を行う制度で、3年と4年の修業年限があります。ただし、志願者の勤務の都合や通学の便宜等を考慮して導入されましたが、夜間コースとして設けられているわけではありません。したがって、基本的には1週間(月~金)フルタイムの勤務がある場合、授業を受講し単位を修得することは極めて困難となります。あくまでも通常の2年間の修業年限を超えて履修する制度であり、その意味では1週間あたりの通学日数が多少緩和される程度と考えてください。

対象

  • 有職者(正規雇用以外の者を含む)
  • 家事・育児・介護等の従事者
  • その他やむを得ない事情を有すると認める者

修業年限・在学年数

  • 3年コース(在学年数は4年を超えることはできません)
  • 4年コース(在学年数は5年を超えることはできません)

履修登録上限単位(年間)

  1年目2年目3年目4年目
3年コース 12単位 12単位 なし
4年コース 8単位 8単位 8単位 なし
  • 小学校教諭1種免許状を取得するために学部の科目を履修する場合には、上記「履修登録上限単位」は適用しません。

修業年限コースの変更

出願時に届け出た修業年限コースの変更は、原則としてできません。

学費等納付金

3年・4年コースの学費等納付金は単位制となり、総計は通常の2年の課程とほぼ同額になります。また、初年度の学費等納付金については、下記(1単位あたりの単価)に基づき3年コースは12単位分を、4年コースは8単位分を入学金、教育研究諸料、施設設備金、全人購読料、学友会費とともに納入していただきます。入学後、履修登録単位数に合わせて清算します。

また、学費等納付金は、修了要件単位数の45単位を基準に算出されているため、45単位を超えて履修登録した場合は、1単位あたりの授業料等が別途かかります。

1単位あたりの単価

授業料
24,900円

3年コース学費等納付金(年額)

(単位:円)

入学金 150,000
授業料 24,900×12
教育研究諸料 103,500
施設設備金 66,700
全人購読料 3,920
学友会費 3,000
合計 625,920

4年コース学費等納付金(年額)

(単位:円)

入学金 150,000
授業料 24,900×8
教育研究諸料 77,600
施設設備金 50,000
全人購読料 3,920
学友会費 3,000
合計 483,720
(注)
  1. 入学金については、本学卒業生(含卒業見込生)は免除となります。
  2. 授業料・教育研究諸料・施設設備金・全人購読料(本学月刊誌)は年2回分納可。
  3. 社会・経済情勢の変動により学費等納付金額を変更することがあります。

3・4年コースの2年目以降の学費等納付金について

3・4年コースともに、上限単位を超えない範囲で履修登録し、登録した単位分の学費等納付金(各研究科の1単位あたりの単価×履修登録した単位数)と全人購読料(年間3,920円 2018年度参考)および学友会費(年間3,000円 2018年度参考)を納めていただきます。ただし、2年目以降は社会・経済情勢の変動により、学費等納付金を変更することもあります。