研究分野・テーマ

応用植物科学研究

生産物としての植物は、基本的に土地・水・エネルギー(天然資源)をもとに植物がつくり出したものですが、人為的なインプット(肥料、農薬など)や作物自体の遺伝的な改良(育種)により、生産性が飛躍的に向上します。応用植物科学研究では、こうした総合生産技術のベースになる植物そのものと、天然資源の維持・向上を図るための研究をしています。

生理学・生化学研究

植物分野では、分子生物学的実験手法を用いた新しい植物防除システムの研究、および一方、動物分野では、恒常性維持のための生体防御を中心とした研究が展開され、バイオファクターによる食細胞系の調節、脳神経細胞による免疫調節などの研究をしています。

応用動物昆虫科学研究

ミツバチを中心にマルハナバチ、テントウムシ、クサカゲロウなど、広く有用昆虫を研究しています。玉川大学併設の学術研究所ミツバチ科学研究施設や脳科学研究施設との共同研究に特色があり、海外からの博士課程留学生の受け入れ実績も4人になります。

微生物科学研究

本研究分野は有機化学を基盤として微生物のもつ多彩な機能を調べ、その代謝物質の生理活性、環境における生物間相互作用等の基礎的な研究を通して医薬や農薬への応用を探ることを目的に研究をしています。

食料科学研究

本研究分野では、食生活に関係の深い食品素材や副生成物中の有効成分の栄養生理的意義を明らかにし、食生活の改善を目指して基礎的研究に取り組んでいます。

生態系科学研究

人間活動による自然環境に対するインパクトは、世界的に大変大きな問題となってきています。生態系(エコシステム)の健全性を復元・維持し、持続可能な利用に資することを目的に、農耕地・自然生態系(森林、草原、水辺)、さらに高山・極地という特異環境なども視野に入れ、環境と生物のつながりという観点から研究します。