微生物科学研究

正常なアメーバ

自然環境に生息する微生物は、大多数のものがこれまでに分離されていない未知微生物です。微生物はさまざまな機能をもち、有用性においては無限の可能性を秘めています。本研究分野は有機化学を基盤として微生物のもつ多彩な機能を調べ、その代謝物質の生理活性、環境における生物間相互作用等の基礎的な研究を通して医薬や農薬への応用を探ることが目的です。

Legionella pneumophilaの感染により死滅したアメーバ

従来の農薬はバイオサイド(生物を殺すもの)として開発されましたが、近年ではバイオレギュレーター(生物制御物質)と考えられ、病原微生物の生理を解明し、その弱点を攻撃しようとするものです。こうした考え方は自然環境にやさしい、新しい農薬開発につながります
具体的な研究には、微生物の代謝産物から生理活性を示す物質を探索し、その構造を化学的に解明し、生物学的作用を明らかにする研究などがあります。このような研究を生物資源の有効利用に結びつけることを考えています。

質量分析装置および核磁気共鳴装置による生理活性物質の精密分子構造解析

所属教員

  • 堀  浩 教授
  • 東岸 和明 教授
  • 大塚 みゆき 准教授