教育学専攻(修士課程)

「教育の玉川」としての伝統と実績をふまえた教育学研究を基盤に、幼児教育・初等教育について高度な研究を行うことを目的としています。
教育研究をとおして培う柔軟な思考力と洞察力で、教育現場の激しい変化や諸問題に対応できる教育者を育成します。
研究指導を核として、マンツーマンに近い指導体制を整え、個のニーズに対応した教育を行っています。また、学会発表援助など、より活動的な学習環境を整え、改善するよう努力しています。
ティーチング・アシスタント制度や奨学金制度などをとおして、経済的な負担の軽減を図っています。
国際的視野から教育学への展望を深めるため、海外の大学との教育・研究における国際交流を積極的に推進しています。

教育学研究科教育学専攻(修士課程)

教育学研究科教育学専攻では、教育の学的理論を確立するための研究に力点を置き、教育学的理論と教育実践の合一をめざして、教育研究のスペシャリストを養成します。
また、教育の根幹は幼児期、児童期にあると考え、その重要性を認識し、より高度な専門知識を有した専門家を養成するべく、研究内容のさらなる充実を図っています。

人材養成等教育研究に係る目的

教育学研究科は、本学創立の理念である全人教育の精神に基づき、全人的な陶冶を基本理念として、教育学的理論と教育的実践力の融合に努め、学部教育によって得た教育学的基礎能力を土台に、高度な専門的知識と実践的指導力を有する人材の養成を目的としている。
教育学研究科修士課程においては、教育学的基礎能力を土台に、次のような研究者並びに高度専門職業人の養成を目指している。

  1. 教育諸科学における理論的研究を深め、教育学研究に貢献する研究者の養成。
  2. 教育学的基礎能力を土台に、初等教育領域における実践的な研究を通じて初等教育の改善に資する高度職業人の養成。
  3. 教育学的基礎能力を土台に、乳幼児教育領域における実践的な研究を通じて乳幼児教育の改善に資する高度職業人の養成。
  4. 教育学的基礎能力を土台に、IB(国際バカロレア)教育領域における実践的な研究を通じてIB(国際バカロレア)教育の改善に資する高度職業人の養成。
  5. 学校教育等における実務経験を土台に、教員養成課程において必要とされる実践的な研究を通じて教員養成課程の改善に資する高度職業人の養成。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育学研究科のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、かつ修士論文または課題研究の成果の審査および最終試験に合格した人は、以下に掲げる能力を身につけていると判断され、修士(教育学)の学位を授与されます。

  1. 教育学研究の意義、目的、手法等を正しく理解し、自立した研究活動を行なうための基礎的な能力
  2. 教育実践及び教員養成課程の諸課題を発見し、課題を解決する能力
  3. 社会で必要とされる幅広い教養、コミュニケーション能力、論理的思考力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育学研究科では、本学創立の理念である全人教育の精神に基づき、全人的な陶冶を基本理念として、学部教育によって得た教育学的基礎能力を土台に、高度な専門的知識と実践的指導力を有した人材を養成するため、以下のようなカリキュラム・ポリシーを設定しています。

  1. 学部教育によって得た教育学的基礎能力を土台に、教育諸科学における理論的研究を深める教育課程を編成する。
  2. 修士課程修了者として現代社会で必要とされる、幅広い教養、コミュニケーション能力、論理的思考力を培う教育課程を編成する。
  3. 社会における教育実践の諸課題を発見し、その課題の本質を追究し、問題解決へと導く力を培う教育課程を編成する。
  4. 研究の成果を修士論文および課題研究としてまとめるために、個別的かつ継続的な指導を行うことが可能な教育課程を編成する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

教育学研究科では、以下のような学力並びに意欲を有する人を受け入れます。

  1. 本学教育学部を卒業した人
  2. 他大学において教育関連学部を卒業した人
  3. 上記1および2と同等の学力、基礎知識を有する人
  4. 上記1、2、3のいずれかに加えて、教育学研究並びに各教育領域と教員養成課程に係る実践的な研究に意欲を有する人、および教育に係る高度専門職に必要な知識・技能の修得を目指す人。