創立90周年事業 教育・研究へのご支援

玉川学園教育研究振興資金

事業内容

  • 聖山整備
  • 玉川大学の教育研究活動の充実・教育研究環境の整備等
  • 玉川学園K-12の教育活動の充実・教育環境の整備等
  • 学術研究所の研究活動に関する支援
  • 脳科学研究所の研究活動に関する支援
  • 量子情報科学研究所の研究活動に関する支援

募集要項

募集金額 2億円
募集期間 2018(平成30)年4月1日~2019(平成31)年3月31日
お申込み金額

法人:1口10万円
個人:1口 1万円
(但し、金額に関わらずありがたくお受けいたします)

お申込み方法
ご返礼制度 寄付金額に応じた特典を贈呈いたします。
税の優遇措置 この寄付金は、税の優遇措置を受けることができます。
個人の場合
寄付金が2千円を超えた場合、所得税が軽減されます。
また、都道府県・市区町村の条例により、住民税の税額控除を受けられる場合があります。
法人の場合
寄付金の全額がその事業年度の損金に算入できます。
ご芳名等の掲載 ご寄付を賜りました方への御礼と感謝を込めて、本学が発行する広報誌等へのご芳名掲載や学内施設芳名プレートへご芳名を刻み末永く顕彰させていただきます。
匿名を希望される方(掲載を希望されない方)は、申込書匿名欄に○印をご記入ください。

創立90周年事業について

主体的な学修を支える空間づくり

学修スタイルの変化に柔軟に対応できる施設整備に取り組んでいます

創立85周年に竣工した大学教育棟2014では、アクティブ・ラーニングに適した教室やラーニング・コモンズ、図書館の整備を行い、授業と予習・復習を併せた1日8時間の学修を実現する空間づくりに取り組んできました。
そして、来年の創立90周年に向けた事業として、キャンパス北エリアに「異分野融合のイノベーションを創出する人材育成の場」をコンセプトにした、新しい学修施設の建設を開始しました。

オープンスペースで行われる異分野融合のアクティブ・ラーニングの推進

STREAM Hall 2019
写真:STREAM Hall 2019
  • 2020年4月 利用開始予定
  • 完成予想図は、イメージとなり変更の可能性があります。

りんどう食堂跡地に主に農学部、工学部、芸術学部が利用し、その他の学部とも連携する「STREAM Hall 2019」の建設と環境の整備がはじまりました。STEM(Science,Technology,Engineering,Mathematics)に芸術(Arts)とロボット(Robotics)の頭文字を冠したSTREAM Hall 2019は、各フロアの吹き抜けを通じて上下階のオープンスペースで行われる異分野の学びが互いに見えるように設計されています。学問分野の垣根を越えて学際的に学ぶことにより、新しいアイデアや思考を自由に享受することができる新たなモノづくりの拠点となります。


自然科学の基礎実験拠点

Consilience Hall 2020
写真:Consilience Hall 2020
  • 2021年4月 利用開始予定
  • 完成予想図は、イメージとなり変更の可能性があります。

第2実技実験棟跡地に、主に農学部・工学部・芸術学部が利用する自然科学の基礎実験拠点「Consilience Hall 2020」の施設整備計画を進めています。「Consilience」とは知の統合を意味し、フレキシビリティの高い実験室と開かれた工房エリアを設け、スペースや機器の共有によって学生や教職員の交流を誘発し創造的研究環境を創り出します。また1階には芸術学部のガラス・陶芸のための工房や工学部のケム・カーの工房などが入り、学問分野の垣根を越えた新たな学際的な学び場が整備されます。

写真:STREAM Hall 2019 建設工事現場STREAM Hall 2019 建設工事現場

卒業生・児童・生徒・学生が集う場所

キャンパスを見渡す聖山 整備計画 *2019年度完成予定

1929年に玉川学園が開校してから、この丘は「聖山」と命名され、毎朝塾生たちが集まって「聖山礼拝」を行なっていました。
開学当初の「聖山」は、木々が密集したせまい空間でしたが、学生たちが労作によって徐々に木を伐り、草を刈り、芝生を植えて、こころ静かに祈る環境に整えていきました。「聖山」は、厳かで神聖な空気を保ち、訪れた誰もがこころ穏やかにする場所として受け継がれています。しかし、創立90周年を迎えようとしている今、これまで育ててきた緑は大きく成長し、古木等による倒木、日照、周りを見渡すことができない見通しの悪さ等の問題が発生してきています。整備にあたり、緑の資産を最大限に活用しながら、緑の量と質を適正化し、更新を図りながら、聖山全体を全人教育に基づいたデザインとキャンパスと周辺を見渡せる、卒業生や児童・生徒・学生が集う場所へと整備していきます。

Campus Infirmary KENKOIN

治療や健康増進を支援する新しい総合保健施設

本学の健康管理を担う保健センター健康院が、2018年に現在地(松陰橋近くの高台)からKEYAKI食堂広場前へ移転し、 緊急処置や病気治療だけでなく児童・生徒・学生・教職員のメンタルヘルスケアを含む健康増進を支援する新しい 総合保健施設に生まれ変わります。

写真:工事現場工事現場
写真:Campus Infirmary KENKOIN
  • 2018年9月 利用開始予定
  • 完成予想図は、イメージとなり変更の可能性があります。

お問い合わせ先

玉川学園経理部募金係

関連リンク