卒業生の村田沙耶香さんが、「第155回芥川賞」に選ばれました。

2016.07.29

本学文学部芸術学科2002年卒業の村田沙耶香さんの「コンビニ人間」が、第155回芥川賞の受賞作に決定しました。

村田さんは、文学部芸術学科芸術文化コースを卒業後、2003年に群像新人文学賞(小説部門優秀作)を受賞し作家としてデビュー。2009年に野間文芸新人賞を受賞、2013年には三島由紀夫賞を受賞するなど活躍されています。

このたびの受賞、本当におめでとうございます。

芥川賞の贈呈式は、8月下旬に行われます。玉川大学キャンパスでは、教育学術情報図書館内に、卒業生村田沙耶香さんのコーナーを設け、在学生たちに村田さんの作品を紹介しています。