本学卒業生 村田沙耶香さん、「コンビニ人間」で芥川賞受賞。その授賞式が行われました。

2016.09.06

第155回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の授賞式が行われました。

写真提供 日本文学振興会

8月26日(金)、第155回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の授賞式が、帝国ホテルで行われました。会場には、芥川賞を受賞した村田沙耶香(文学部芸術学科2002年卒)さん、直木賞の荻原浩さんをはじめ、各選考委員の先生方、そして出版関係の関係者などが集まり、盛大に行われました。

写真提供 日本文学振興会
写真提供 日本文学振興会

村田さんはスピーチの中で、「作家は楽譜を書き、読者が演奏してくれる」と話し、「読者から素晴らしい演奏をいただき、こちらがもらったものが大きい13年間でした」と感謝の気持ちを語っていました。

8月21日(日)には、紀伊國屋書店新宿本店で、芥川賞受賞作「コンビニ人間」の刊行記念イベントとして、トーク&サイン会も行われました。なお、この作品は、身近なコンビニをテーマにした小説として人気作になり、出版社から重版もされています。ぜひ、作品に目を通してください。

●第155回 芥川賞受賞作「コンビニ人間」(文藝春秋刊) 村田沙耶香 著
なお、月刊「文藝春秋 2016年9月号」にも、全文掲載されています。

写真提供 日本文学振興会

関連リンク