ハイブリッド・ソーラーカー総合優勝(速報)

2012.07.31

大学ソーラーチャレンジプロジェクト(TSCP)は、2012年7月29日から7月31日まで、秋田県大潟村で行われた「ワールド・グリーン・チャレンジ・ソーラー&FCカー・ラリー(WGC)」に出場。太陽光と水素による燃料電池をエネルギーとしたハイブリッド・ソーラーカー「オンディーヌ号」が、総合優勝を果たしました。

また、持続可能な社会を構築するために役立つ技術やシステムの実験および発表の為に設置された「グリーンフリート部門」に、開発中の2人乗り4輪車が参加し、『未来賞』を受賞しました。

【大会記録】
大会名:「ワールド・グリーン・チャレンジ・ソーラー&FCカー・ラリー(WGC)」
期間:2012年7月29日(日)~7月31日(火) 
会場:秋田県南秋田郡大潟村 大潟村ソーラースポーツライン
主催:ワールド・グリーン・チャレンジ組織委員会
出場車両:オンディーヌ
周回数合計:37周

総合1位
大会4連覇・燃料電池部門9連覇


この大会は3日間、延べ24時間にわたる競技時間内の、1周25kmのコース周回数により競われます。初日は、5位で終了しましたが、2日目には3位まで順位を上げることができました。最終日にはパンクのトラブルに見舞われながらも順調に周回を重ね、2位と1周もの差をつけてゴールし、総合1位となりました。

学生達は、優勝に喜ぶだけでなく、さらなる技術性能の向上とバイオ水素生成研究に邁進することを誓っています。

大会へのご声援、ありがとうございました。