本学のLEDを光源とした野菜栽培がラジオで紹介されました(5月3日放送)

2015.05.12

毎週日曜日の午前8時30分から放送の『薬師丸ひろ子 ハート・デリバリー』(ニッポン放送)で、本学のLEDを光源とした野菜栽培が紹介されました。
薬師丸ひろ子さんは本学の出身で、今回は母校での未来に向けた最先端研究として、LED農園産野菜栽培について話をされました。

ダイレクト冷却ハイパワーLEDを使用して栽培した野菜は、無農薬で安心・安全。水で洗うよりそのまま食べた方が雑菌が付かず清潔。冷蔵庫で3週間保存しても鮮度は落ちません。また、栄養価や風味、食感をコントロールすることもできます。
医療現場で役立つ野菜栽培の研究にも着手。LEDの色を変えることでカリウムを抑えられる野菜を作ることができれば、人工透析の患者の人たちも食べることができるようになります。
LED照明の光で育ったレタスは、すでに近隣のスーパー26店舗で販売されています。

話だけでなく、番組の中で実際に薬師丸さんが、その販売されているレタスを手に取り、袋を開け、そのまま試食されました。そして、その感想は「美味しいです」と。

関連サイト

日産3,200株の栽培システム
LED農園の取り組み
「LED農園産」未来のレタス