特許取得の報告

2018.11.15

「画像処理装置及び方法、並びに、プログラム」

悪天候の環境、特に霧等の散乱現象が生じる環境下であっても高精度な障害物の検知を実現することができる新技術を提供します。

特許登録日 2018年10月5日
特許番号 特許第6412673号
本学における発明者 量子情報科学研究所 客員教授 廣田 修

特許を取得した技術の紹介

【課題】
悪天候の環境、特に霧等の散乱現象が生じる環境下であっても高精度な障害物の検知を実現すること。

【解決手段】
光源から分割された信号光によるターゲットからの反射光と、前記光源から分割された参照光との相互相関関数を計算する相関関数計算手段と、前記信号光及び前記反射光の伝搬経路の散乱特性を推定する伝搬経路特性推定手段と、前記伝搬経路特性推定手段により推定された前記散乱特性に基づいて、前記相関関数計算手段により計算された前記相互相関関数に対して所定の補正処理を実行する補正手段と、を備える。

【選択図】

量子レーダーカメラ概念図