特許取得の報告「光学素子ホルダ」

2012.05.07

ミラー46を装着する保持部材14と、保持部材14と対向配置されたベース部材12と、ベース部材12の貫通ネジ穴に螺合され、先端が保持部材14の対向面に当接する複数の角度調整ネジと、保持部材14とベース部材12間を接合方向に付勢する圧縮コイルバネ70を備え、各角度調整ネジの軸にベアリング76のインナーレース76aを装着すると共に、そのアウターレース76bにプーリー78を装着し、このプーリー78間に弾性ベルト80を掛け渡した光学素子ホルダ10。

【選択図】図2

特許登録日 平成24年4月6日
特許番号 特許第4963071号
特許名称 光学素子ホルダ
特許取得者(発明) 量子情報科学研究所  政田元太 准教授
野口康博(*1)
古澤 明(*2)
  • 本学と株式会社FMD(*1)・東京大学(*2)との三者共同出願
  • 平成19年4月より、三者の特許実施許諾契約書に基づき、株式会社FMDが「光学素子ホルダ」の製品を販売し、現在も継続的に本学がそのロイヤリティー収入を得ている。

学術研究所知的財産本部では、先生方の研究成果の特許取得を推進するとともに、企業との共同研究開発に結びつくきっかけ作りになることを目指してまいります。
今後ともご協力よろしくお願いいたします。