2007(平成19)年度 本学で2件の特許が取得されました!

2008.06.26

1)「情報通信における対話方式の誤り訂正方法」
   対話方式の誤り訂正作業における通信時間を低減する。
   工学部 ソフトウェアサイエンス学科 山﨑浩一 先生

2)「トリプシンの新規インヒビターTU-5350物質とその製造方法及び用途」
   消化酵素トリプシンに酵素活性阻害作用を持つトリピシンインヒビターとして有用な
   新規物質を提供することを目的とする。
   元農学部 応用生物化学科 浦本昌和 先生
   *北興化学工業(株)との共同出願

知的財産本部では、今後も先生方の研究成果の特許取得と、企業との共同研究開発にも結びつけるきっかけ作りを目標に対応して行きたいと思います。