「第3回 アグリビジネスフォーラム」の開催について

2007.10.03

このたび、昨年度に引き続き、下記のとおり「第3回 アグリビジネスフォーラム」を開催いたします。第3回目となる今回は新たに東海大学が加わり、玉川大学、東海大学、明治大学、東京農業大学、日本大学がこの分野の最先端の研究を結集し、産業界との連携による新しいアグリビジネスの創造を目的としています。
本学からは、研究者による研究発表、研究成果のパネル展示などを行います。また、本学知的財産本部の産学連携コーディネータによる技術相談など相談もお受けいたします。
シーズの発見、情報交換・交流の場としてどうぞご参加ください。

日時 2007年11月14日(水)13:00~19:00
会場 日本大学会館 2階大講堂(市ヶ谷)

本学のプレゼンテーション

15:00~15:30

「個体発生の一環としてとらえた離乳期(基礎研究)」

玉川大学 農学部 生命化学科 准教授 薬袋裕二
  • 要旨
  • 私たち人間を含む哺乳動物が、母乳摂取から通常食摂取へとダイナミックに食の嗜好性が変わるのはとても不思議である。離乳行動のメカニズムを解明することが食に対する嗜好性のコントロールにつながることを期待している。

本学のパネル展示発表

「地球環境を守る!~地域の環境保全へ向けた持続可能性への挑戦~」

玉川大学 農学部 生命化学科 准教授 小川人士