玉川大学新庄バイオマスセミナーが開催されました

2004.12.25

玉川大学新庄バイオマスセミナー(平成16年度第2回)

エタノールをトレーラーの燃料に

12月17日、玉川大学新庄バイオマスセミナーが開催され、応用生命科学研究施設の大友俊允教授が講演しました。
また、セミナー終了後には、セレモニーが行われ、新庄バイオマスセンターにおいてエネルギー作物のソルガムから製造されたエタノールをトレーラーの燃料にしたり、発電機を動かしてツリーライトを点灯したりしました。
地元、新庄神室産業高校の生徒たち30名を含む約70名が参加、セレモニーでは歓声もあがるなど、盛会となりました。(H16.12.25)

場所:新庄市エコロジーガーデン

最上オープンカレッジ(玉川大学新庄バイオマスセミナー)

会場での様子

9月28日、玉川大学学術研究所新庄バイオマスセンターの活動の一環として、最上オープンカレッジ「環境にやさしい循環型社会を目指して」が開催されました。
地元の高校生など約50名が参加し、環境やエネルギーに関して質問や意見が出るなど、有意義なセミナーとなりました。(H16.10.21)
 
バネラー:土橋陸夫氏(山形大学)
コーディネータ:大友俊允教授(応用生命科学研究施設)
場所:新庄市エコロジーガーデン屋外広場

やまがた環境フォーラムin新庄

8月24日、NHK山形放送局・新庄市などの主催で環境イベント「やまがた環境フォーラムin新庄」がJR新庄駅併設の”ゆめりあ”において開催されました。
本イベントは、山形地区においてNHK総合テレビで生放送され、本学からは、玉川大学新庄バイオマスセンターの責任者で学術研究所応用生命科学研究施設の大友俊允教授が出演しました。
またイベントにあわせて新庄市や山形県の環境に関連した展示も同時に行われ、新庄市の展示ブースでは本学のバイオマスセンターでの取り組みについても紹介していただきました。(H16.9.3)

イベントの様子(”ゆめりあ”会場にて)
パネル展示など

玉川大学 学術研究所
〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
電話:042-739-8666
FAX:042-739-8663
E-MAIL:t.instit@adm.tamagawa.ac.jp