工学部「ロボット工房」開設記念シンポジウム 8月5日に開催 (知能ロボット研究施設関係)

2006.07.29

2006年6月、玉川大学工学部に、ロボット技術を核として、機械工学、電気・電子工学、コンピュータ工学、制御工学などを学ぶことができる教育・研究施設「ロボット工房(ROBO Works)」が誕生しました。

この度、世界脳週間2006関連イベント「触れてみよう!脳とロボット」の開催にあわせて、ロボット工房の開設を記念したシンポジウムを開催いたします。
世界的に著名なロボット研究者である東京工業大学の広瀬茂男教授と、ロボットデザイナーの園山隆輔氏をお招きし、認知ロボティスク研究者である本学学術研究所の大森隆司教授とともに、ロボットの現在と未来を熱く語り合います。一般の方向けの分かりやすい内容となっておりますので、皆様お誘いあわせの上、ご参加いただければ幸いです。

テーマ

「人に役立つロボット」

パネリスト紹介

広瀬茂男氏 (東京工業大学大学院理工学研究科機械宇宙システム専攻・教授)
園山隆輔氏 (T‐D‐F代表・工業デザイナー)
大森隆司   (玉川大学学術研究所 知能ロボット研究施設主任・教授)

主催 玉川大学工学部
後援 玉川大学学術研究所
日時 平成18年8月5日(土)15:00~16:30
場所 玉川大学工学部校舎4階 450教室
小田急小田原線「玉川学園前」駅下車徒歩10分
  • 駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。
  • 開催当日は正門からの案内看板にしたがってご来場ください。
入場 無料(事前申し込みは不要です)

お問い合わせ先

玉川大学学術研究所 t.instit@adm.tamagawa.ac.jp

関連サイト

世界脳週間2006関連イベント「触れてみよう!脳とロボット」

  • 8月5日(土)10:00~15:00 工学部校舎にて開催されます