脳科学研究所長の小松英彦教授が脳研究で栄誉ある「時実利彦記念賞」を受賞しました!【8/16一部追記・報告および写真掲載】

2018.08.16

玉川大学脳科学研究所所長である小松英彦教授が、平成30年度 第20回時実利彦記念賞を受賞しました。
時実利彦記念賞は、我が国の脳科学研究の基盤を作り、研究者の育成発展に尽力された故・時実 利彦 博士のご遺志を継がれ、わが国の脳研究のさらなる発展を願われたご夫人の時実 伸 様が設立した公益信託時実利彦記念脳研究助成基金により、毎年1名の脳科学研究者に授与されるものです。

脳科学研究所は、これからも脳科学と人文・社会科学の融合による新しい心の科学の創成を目指して独創性の高い研究成果を着実に発信していきます。今後も脳科学研究所の研究成果にどうぞご期待ください。

時実利彦記念賞 WEBサイト http://tokizane.net/outline.html
時実利彦記念賞受賞者一覧 http://tokizane.net/honours.html
詳しい研究内容は 日本神経科学学会webサイトからご覧頂けます。

第20回時実利彦記念賞の表彰および受賞講演が行われました

平成30年7月27日に第41回神経科学大会にて、平成30年度第20回実利彦記念賞の表彰および受賞講演が行われました。

受賞の様子
受賞講演の様子①
受賞講演の様子②