3月16日(土)開催: 脳科学リテラシー部門第12回研究会「脳科学と宗教」

2013.02.12

玉川大学脳科学研究所 脳科学研究センター 脳科学リテラシー部門では、第12回研究会を開催いたします。
今回は「脳科学と宗教」がテーマです。

詳細につきましては以下のとおりです。

研究会テーマ 脳科学と宗教
日時 2013年3月16日(土)13:00-18:30
場所 玉川大学 大学5号館 B115会議室
(小田急線「玉川学園前駅」下車 徒歩約15分)
プログラム
13:00-13:10 研究会開催趣旨説明
13:10-14:40 講演1
「神経生理学とユダヤ教――B・リベットの『マインド・タイム』を中心とする業績の宗教哲学的解釈」
星川啓慈氏(大正大学文学部教授)
14:40-14:50 休憩
14:50-16:20 講演2
「宗教/宗教学における脳科学の位置付け」
松野智章氏(東洋大学文学部非常勤講師)
16:20-16:30 休憩
16:30-18:00 講演3
「脳科学と宗教体験をめぐる研究の医学的な意義について」
杉岡良彦氏(旭川医科大学医学部医学科講師)
18:00-18:30 全体討論
参加 無料。事前申込は不要です。
当日は正門案内所にて本研究会の参加者である旨お申し出いただき、校内へお入りください。
主催 玉川大学脳科学研究所脳科学研究センター
共催 玉川大学グローバルCOEプログラム「社会に生きる心の創成」

お問い合わせ

玉川大学学術研究所 研究促進室
Tel:042-739-8666
Fax:042-739-8663
eメール:t.instit@adm.tamagawa.ac.jp