Nature Neurosciences誌(2008年6月号)に脳研究の成果を発表

2008.06.04

玉川大学脳科学研究所(所長:丹治 順)、北海道大学、専修大学の研究チームは、思考や創造の基礎となる神経メカニズムについて、推論課題を遂行するサルの前頭前野から神経活動を記録することにより調べ、その成果がNature Neurosciences誌6月号に掲載されます。

Reward prediction based on stimulus categorization in primate lateral prefrontal cortex.
Pan X, Sawa K, Tsuda I, Tsukada M, Sakagami M.