黄色い牡牛 Yellow Cow

  • 本学設置の理由・由来

    フランツ・マルクは、見たものを心の内面で感じた純粋な気持ちで牝牛を描き、既成概念に捉われず自由な色で表現しています。KEYAKIに集う学生たちにも既成概念に捉われることなく豊かな感受性と柔軟な発想を身につけてほしいとの願いで設置しています。

  • 場所 KEYAKI 1階客席
    作者 フランツ・マルク(1880-1916)
    所蔵 グッゲンハイム美術館(アメリカ)