イエスはますます知恵が加わり背たけも伸びそして神と人から愛された

この石碑は、昭和33(1958)年10月に旧中学部校舎入口に建てられた。新校舎建設に伴い、現在の中学年校舎学習棟の横に移された。この石碑の裏には、ミケランジェロの像を模した歌う少年の像のレリーフがある。

聖書では、ルカ伝2章52節に“イエスは知恵が増し、背丈も伸び、神と人とに愛された。”と書かれている。

伸びざかりの中学生に語りかける聖句の一つとして刻まれている。

参考文献

岩渕文人『玉川学園金石誌(墨書解題)』