玉川の丘には約100種類、約1,400本の桜の木があります

玉川学園のキャンパス内には、約100種類、約1,400本の桜の木があります。園芸種のみならず、多くの野生種も見られます。代表的なものはソメイヨシノ、オオシマザクラですが、カンヒザクラやエドヒガンといっためずらしい種類の桜も花を咲かせます。また、学園創立当時に、学生や教職員の手によって植えられた苗木も、今では立派な大木となって、見事な花を咲かせています。

参考文献

  • 玉川学園編『玉川学園の教育活動』 玉川学園 2008年