動物科学領域

哺乳類や水生生物の生態における恒常性の維持機構や
行動の生理・生化学的基盤などについて研究

水生生物の生態

魚類の成長・食性および資源量の推定

ラットの摂食行動と離乳のメカニズム

情動行動に及ぼす影響
脳のドーパミンニューロン

メラニン生成メカニズム、化粧品への応用

プログラム細胞死、環境刺激、光ストレスの関与
免疫メカニズム、腸管免疫

学びのキーワードと担当教員

4年次に取り組む卒業研究と主なテーマ

  • 哺乳動物の摂食行動調節における神経内分泌系の関与
  • 腸管の免疫機能形成と離乳行動との関係
  • 魚類や甲殻類の生活史の多様性
  • 緑色照射がマウスのNAD+代謝に与える影響
  • 環境ストレスとゲノムDNA損傷の関係
  • メラニン生成制御メカニズムの解明
    その他