農学部(生産農学科/環境農学科/先端食農学科/生産農学科 理科教員養成プログラム

※2017年度開設

ニュース&イベント

農学部デジタルパンフレット

「農学」の可能性を多角的に創造する 新農学部

環境問題や食糧問題など、課題が山積する現代社会。産業・技術の在り方が大きく変わろうとしているなか、私たちの生活に直結する学問領域として、「農学」にこれまで以上に大きな期待が寄せられています。玉川大学農学部は、社会の持続的な発展を助ける実践的な学科へと進化させた『生産農学科』『環境農学科』『先端食農学科』を新設。さらに中学・高校の理科教員をめざす『理科教員養成プログラム』を新たに加え、次世代の農学を担う人を育てます。国内外に広がる豊かなフィールドで、生物、環境、食、生産加工など、幅広い「農学」分野を実践的に学びます。

学科紹介

  • 生産農学科

    生物学と化学の両面から生命の本質に迫り 未来の食料生産に夢を与える人材を育成します。植物・昆虫・微生物など,地球上で共存している生物が学びの対象です。あらゆる生物を人間生活の貴重な資源としてとらえ,生物のもつ機能と特性を分子レベルから個体レベルまで追求します 。

  • 生産農学科理科教員養成プログラム

    自然科学に対する豊富な知識や経験をもとに、生徒たちに実験や観察を通して理科のおもしろさを伝え、感動を共有することのできる理科教員を育成します。中学校や高校の理科の免許ほかに、高校で農業を教えるための免許も取得できます。また、ダブル免許プログラムを受講すれば、小学校二種免許が取得できます。さらに農学研究科修士課程に進めば、理科や農業の専修免許取得への道も開けます。

  • 環境農学科

    農学の中でも自然環境や生産環境の理解に主眼をおき、地域性と国際性の多様なセンスを備え、持続的循環型社会の構築に貢献できる人材を養成します。生態系、農業生産、社会の3つの視点から「環境問題」に理論的・実践的にアプローチし、さまざまな問題解決に必要となる知識とスキルを修得します。

  • 先端食農学科

    農業の本質を見つめ直し、新たな分野を切り開く未来志向型農業の創生をめざします。食料の新しい生産方法や食品の品質や機能性について学修し、世界の「食」と「農」を支える人材を育成します。「食」に直結する学問分野を集結させ、未来の食料生産技術や食品の機能性、生産技術について、幅広い視野で学びます。